帰国後の進路

ワーキングホリデーで世界一周

ワーキングホリデーから帰国後の進路のために・・・。

ワーキングホリデーは、1年間、指定された外国に滞在する許可が与えられるビザです。
若者のための特別ビザで、外国語を学んだり、旅行や仕事など、海外生活を経験できる制度です。
そんな魅力あふれるワーキングホリデーですが、帰国後の心配をする人もいるでしょう。
学生であれば再び学校に戻る事も可能ですが、会社を辞めてという場合、帰国後の進路や就職が心配になる事もあるかもしれません。
そういう場合は、ワーキングホリデーの間に、資格や技術を取得することを考えてみるとよいでしょう。
現地には、英語学校だけでなく、各種専門学校があります。
料理系、美容系、教育系、福祉系など、英語以外のものを学習することで、帰国後の進路の幅が広がることもあるでしょう。
ワーホリには行ったけれど、何も得ないで帰ってくる人も多々いるものです。
のんびりと海外での休暇を楽しむのもよいですが、そこから一歩進んで、将来を意識した有意義な1年を過ごすのもよいのではないでしょうか?

ワーキングホリデーの経験は帰国後に活きる

ワーキングホリデーの経験は、帰国後に非常に有効に使うことができます。
海外で語学の勉強をしただけでも十分に評価に値するのですが、現地で仕事までしたというのであれば、さまざまな人にアピールすることができるでしょう。
大学入試において面接があるところではその経験の話をすると評価が上がります。
会社の面接時にも他の人達と差別化を図ることができるので、内定はぐっと近づくことでしょう。
海外滞在経験はその後の人生のさまざまなシーンで武器となります。
そもそも海外で仕事をしたのなら、怖いことなど何もなくなるものです。
完全に孤独な中でも働いて給料を得ることができたなら、言葉が通じる日本で何があっても動じない精神力が身につきます。
他の人にはない視点で物事が見つめられるので、より充実した人生を送ることができるに違いないです。
他文化を経験したということによって、他者への寛容さも身についているはずですから、コミュニケーション能力もアップしているはずです。

COPY RIGHT (C) ワーキングホリデーで世界一周 ALL RIGHT RESERVED