ワーキングホリデーの受け入れ先

ワーキングホリデーで世界一周

ワーキングホリデーの受け入れ国は実は決まっている

留学を考えた場合、ワーキングホリデーという名前を聞く機会も増えてきます。
このワーキングホリデーとはビザの種類の1つであり、18歳から30歳までの健康な方であれば誰でも利用することができるのです。
最も大きな特徴は現地で仕事をすることができるということです。
勉強だけではなく働く事ができると現地に溶け込むことができる、また生きた言葉を学ぶことができやすくなるのです。
しかし何処の国でもこのビザを使って行くことができるというわけではなく受け入れしている国は決められています。
オーストラリア、ニュージーランド、フランス、ドイツ、韓国、カナダ、アイルランド、デンマーク、台湾、イギリス、香港、ノルウェーになります。
この中で一番最初に受け入れた国はオーストラリアであり1980年から始まっています。
最近では2013年にノルウェーが受け入れを始めたのです。
経験したい国の文化や語学などによって行きたい国を選ぶ事ができます。

ワーキングホリデーの受け入れ先はたくさんある

最近は2国間の協定に基づいて、青年が異なった文化の国に行って、定められた期間働きながら生活することが認められたワーキングホリデー制度が人気となっています。
このことにより、他の国の文化を働きながら学ぶことができるようになります。
ワーキングホリデーの受け入れ先の国はたくさんあり、10か国以上のなかから選択することができるようになっています。
そこで、ワーキングホリデーに必要なものとしては、まずパスポートを取得しておく必要があります。
また、パスポートを申請するに当たっては、戸籍謄本であったり、印鑑が必要になってきますから、事前に用意しておくことになります。
次に、ビザの申請を行っていきます。
この申請は受け入れ先の国の大使館宛に送ることになります。
その場合、自分の預金残高がわかるようなものを送る場合もありますので、事前に調べておくことが大事になってきます。
資金としては、どの国に行くかによっても変わってきますが、最低でも50万円らいのまとまった資金を用意しておくことが必要です。

check

2017/4/13 更新

COPY RIGHT (C) ワーキングホリデーで世界一周 ALL RIGHT RESERVED